内容:セミナーとイベント

メンター制度が人事部門の自己満足に陥るとき -大規模データから導くメンター制度の効果と限界-(終了)

受講のお申し込み

本セミナーの内容

【株式会社Consulente HYAKUNEN、株式会社Maxwell's HOIKORO共同開催】

いよいよ来年度の新入社員を迎える時期が近づいてきました。
コロナ禍で2度目の新入社員受け入れに、手探り感や不安を抱えておられる人事部門の方々も多いではないでしょうか。

このような中、近年、新入社員の受け入れや若手社員への関わりを深める糸口としてメンター制度が注目されています。しかし実際には、
・先輩社員であるメンターの自覚の醸成と新入社員の育成の一石二鳥を期待したものの、効果が実感できない
・現場の上司・管理職がメンターにメンティの教育を任せきりになり、かえって無責任なマネジメントが横行してしまう
・先輩社員にとって、メンター制度が単なる負担になり、かえって彼らのモチベーションや会社へのコミットメントを下げてしまう。結果、離職のきっかけとなってしまう
といった声が聞かれます。

本セミナーでは、HYAKUNEN・HOIKOROが実施した独自大規模定量調査、データ解析結果に基づいて、
□メンターが持つどのような特徴が、メンティに好影響を与えるのか
□実はメンティが持つ特徴が、メンターに伝播する?!
□効果的なメンター制度の持つ力
□メンター制度に期待しすぎて生じるリスクとその条件
等について解説します。

メンター制度を運用する人事部門が本質的な効果や限界を知っておくことは、新入・若手社員や現場のマネジャーにとって、単なる押し付けではなく、制度に対する信用や安心を感じてもらえることにつながります。
会社でメンター制度を導入されていなくても、新入・若手社員への関わり方に関心のある方々には、是非今回のセミナーにご参加頂きたいと思います。

ご提供方法

配信はZOOMウェビナーにより行います。受講者の方々には、受講に必要なURL等を発行させて頂きます。

対象者・定員

人事・企画部門のマネジャー、スタッフの方々
経営者、事業部門のマネジャー、スタッフの方々
新入・若手社員への関わり方に関心のある方々、
コンサルタントの方々、など

定員50名(先着)

開催日(予定)

2021年2月18日(木)16:00~17:30

受講料

無料
※運営寄付金(3,000円まで)を承っております!
 ご協力頂ける方は、申し込みフォームの「申し込みのきっかけ」欄、
 または受講確認メールにその旨記載の上、ご返信ください。

お申し込みの流れ

申し込み期限:2021年2月15日(月)
下記の申込みフォームに必要事項をご入力いただき、送信してください。

受講のお申し込み

本セミナーに関するお問い合わせ先

セミナーとイベント一覧