内容:セミナーとイベント

戦略的リモートワーク・惰性的リモートワーク -大規模データから導くリモートワーク選択決定の条件-(終了)

受講のお申し込み

本セミナーの内容

【株式会社Consulente HYAKUNEN、株式会社Maxwell's HOIKORO共同開催】

IT技術の進展、働き方・価値観の多様化、コロナ感染拡大等により、世界的にリモートワークが加速しています。
世の中は、リモートワークを推奨し、そのメリットを謳う情報に溢れていますが、自社の特性や置かれた文脈を踏まえたとき、リモートワークを今後も継続すべきなのか、決め手がないまま悩まれている経営者や人事部門の方も多いことと思われます。

実際にリモートワークを導入している企業の方々からは、
・リモートワークで生産性が上がっているのかはわからないが、特に大きな問題も起こっていないから、とりあえずこのまま継続するしかない。
・当社の強みは、通常の職場の方が発揮されるような気がする。しかしこのご時勢、100%職場に戻すのは勇気がいる。
といった声が聞かれます。

本セミナーでは、HYAKUNEN・HOIKOROが実施した独自大規模定量調査・データ解析結果に基づいて、
□リモートワークを戦略的に活用する場合の条件
□リモートワークを惰性的に選択した場合に起こる問題
□通常の職場の方がパフォーマンスを発揮するチームの特徴
等について解説します。

ご提供方法

・配信はZOOMにより行います。受講者の方々には、受講に必要なURL等を発行させて頂きます。

対象者・定員

経営者、起業家の方々
人事・企画部門のマネジャー、スタッフの方々
事業部門のマネジャーの方々
コンサルタントの方々、など

定員50名(先着)

開催日(予定)

2021年1月28日(木)17:10~18:30

受講料

無料
※運営寄付金(3,000円まで)を承っております!
 ご協力頂ける方は、申し込みフォームの「申し込みのきっかけ」欄、
 または受講確認メールにその旨記載の上、ご返信ください。

お申し込みの流れ

申し込み期限:2021年1月25日(月)
下記の申込みフォームに必要事項をご入力いただき、送信してください。

受講のお申し込み

本セミナーに関するお問い合わせ先

セミナーとイベント一覧